津市の救急病院は毎日が戦場だった

働いていた病院のことを教えてください。

看護学校を卒業し、新卒で津市にある救急病院に就職しました。
津市では救急病院が少なく、毎日がとても忙しかったです。
とくに事故による重篤な患者さんが来ると悲鳴や罵声でまさに戦場でした。
私は早く仕事に慣れようと、そして何とか先輩方について行こうと毎日必死でした。
しかし救急病院がゆえに、入院中の患者様も死亡退院されることも多く、精神的にもキツイ環境です。
また同じ病棟に同期の仲間が6人いましたが、比べられることもあり辛かったです。

すぐに転職したのですか?

いえ。最低3年は同じ病院で続けようと決心していたため頑張りました。
ちょうど看護学校の子と同じ寮になり、一緒に愚痴を言いながらまた情報交換しながら、日々を過ごすことでストレスを発散できたかんじです。
1年目、2年目は同期の看護師に負けないように必死で勉強しました。
3年目でプリセプターになるとき、また新たな病棟(急患センター)が増えると知り、これ以上人の死に直面することが怖くなり退職することにしました。

どんなところに転職したのですか?

転職先の求人は、津市内で探しました。
今度は、救急とは正反対の、産婦人科や小児科を中心に探しました。
候補は岩崎病院やセントローズクリニック、津生協病院、三重大学医学部附属病院などが好条件でした。
でも岩崎病院はちょっと自宅から離れすぎているため却下。
セントローズクリニックは、面接に行ったときに看護学校時代の天敵が看護師として働いていたため却下(笑)
津生協病院は面接で落とされました(泣)
三重大学医学部附属病院は来年の春まで求人が無いとのこと。

しかしその後、津市の東部にある産婦人科に無事就職が決まりました。

産婦人科はどうでしたか?

私が思った通り産婦人科は、救急とは別世界で、希望にあふれた命の誕生の場です。
しかし個人病院だったためか、就職し3日目でリーダーとして働くことになり、これでいいの?といつも不安感に襲われながらの勤務になりました。
分からないことや確認しいことがあっても、病棟に先輩看護師や医師がおらず、パニックになるような状態です。
そんな状況だったためか体調が悪くなり、1週間ももたず、恥ずかしながら辞めてしまいました。
これからどうしていいのか、それさえ悩みました。
看護師として働くことさえ怖くなり、実家に戻って、1か月休養しました。
それが良かったのかわかりませんが、看護師の仕事に戻りたいと考えるようになり、ハローワークに行き新たな職場探しを始め、ゆったりとした病院を選択。
救急車が入ることもなく、忙しさはありますが気持ちに余裕のある療養型の病院で、よき同僚にも恵まれ結婚するまで5年勤めました。
日々勉強のスタイルは変わりませんでしたが、心に余裕もって患者様に対応できるようになったのは、この体験があったこそと思っています。